スタジオテルオ

ガジェット好きの散財日記

今人気のおしゃれなボディバッグ AER Day Sling 2 レビュー

こんにちはテルオです。


今日はAERのボディーバッグを紹介いたします。

前回Aer Tech Slingという、テック系のガジェットの持ち運びに特化したボディバッグをご紹介しました。

 

www.studio-teruo.com

 

今回は一回り小さいAER Day Sling 2というバッグをご紹介します。

f:id:TERUO:20191201223906j:plain

シンプルな外観



コンセプトは日々の必需品を気軽に持ち運ぶ事に特化した軽量のバッグ

メインの素材は、みんな大好きコーデュラバリスティックナイロンです。

前回もご紹介しましたが、この生地が軍事品の生地に採用されていると言うだけで男心をくすぐられます。

f:id:TERUO:20191201224004j:plain

ガジェット好きには必須の止水加工

フロント収納部分のジッパーには、止水加工がされていますので、濡れて欲しくないものをここに入れるといいでしょう。中には二つの小さなポケットが有りますのでさらに仕分けして小物を入れることができます。

f:id:TERUO:20191201224124j:plain

フロント内部


メインポケットは合計4つのポケットが有り、7.9インチまでのタブレットが収納できます。

(公称値は7.9インチですが所有のiPad mini5もギリ入りました)

f:id:TERUO:20191201224224j:plain

メインにはたくさんのポケット

f:id:TERUO:20191201224317j:plain

iPad mini入ります

f:id:TERUO:20191201224352j:plain

Kindleも入ります

さらにジッパーが付いているポケットもありますので、メモリーカードなど細かいものも入れやすいですね。


背面にいは隠しポケットのような収納スペースがあり、財布やパスポートなどを入れるのに向いています。

f:id:TERUO:20191201224502j:plain

背面には隠しポケット

 

ショルダーは片方取り外しができるので、背負う時にベルトが髪の毛に干渉するのが嫌な人にはありがたい機能です。

フープ状の取手が付いているので、フックでかけておきたい時など重宝します。

f:id:TERUO:20191201224538j:plain

便利なフープ

僕はここに無印のトラベルS字フックを常備しています。

f:id:TERUO:20191201224609j:plain

無印のフック

カフェなどでバッグを置くスペースが無い時に、このフックで吊り下げておくと超便利です。

f:id:TERUO:20191201225134j:plain

どこにでも吊り下げる事が可能


サンフランシスコに本社を置くAERのバッグ。

機能的かつシンプルオシャレなバッグがとてもお気に入りです。

f:id:TERUO:20191201225245j:plain

お気に入りのグッズを快適に持ち運びたいですね

 

 

 

ほぼすべての充電ケーブルをカバー allroundo レビュー

こんにちはテルオです。

 

この記事を読まれている方々はおそらく大量のガジェットに囲まれて生活されていると思います。

 

 

ガジェットが大量にあるという事は、それに電源などを供給するケーブルも大量にあるという事です。

 

ようやくUSB-Cが普及しつつある昨今、まだまだ色んなケーブルの端子の種類が混在しています。

USB-A、USB-C、micro-USB、Lightning、、、、。

 

iphone・・・Lightning

ipadPro・・・USB-C

モバイルキーボード・・・micro-USB

モバイルWi-Fi・・・USB-C

 

僕が普段持ち歩くガジェットの必要最低限のアイテム達。

全部コネクタが違います。

 

「モバイルバッテリー持ってきたけど、対応ケーブル忘れた」

 

よくあることです。

 

そんな悩みを解決してくれるアイテムを発見。

f:id:TERUO:20191128224616j:plain

ケースに収まったコネクタ達

 

 
これに全部入っています。いわゆる全部入りというやつです。
 
 

おしゃれな見た目

f:id:TERUO:20191128224717j:plain

ケースに入っているので無くす心配なし

中が見える透明なケースに何やら色々入っています。

ケースにまとめて収納するので、これ1つで事足りるのは助かります。

変換アダプタなどの置き場に困り、すぐ無くしてしまう僕にはとてもありがたいです。

 

ぐるぐるケーブル

f:id:TERUO:20191128224814j:plain

昔の電話コードの様なカールコードもオシャレ

特徴的な見た目のぐるぐるしているケーブル。昔の電話のコードみたいですね。

カールコードと言われるこれ、充電ケーブルではなかなか見ないような気がします。

収納時にはコンパクトに収まり、伸ばすと50センチぐらいにはなります。

f:id:TERUO:20191128225419j:plain

意外と伸びます

長いケーブルを束ねて収納していたのでかなりスッキリ使えます。

 ケースに入っているのでケーブル同士が絡み合うこともありません。

データ転送も

最近では充電ケーブルと表記があってデータ転送ができないタイプのケーブルもよくあります。自分は趣味で写真や動画を撮っているので結構重要な事だったりします。

480Mbpsでデータの転送もできるようなので、高速とは言えませんが無いよりかはマシですね。

 

f:id:TERUO:20191128225303j:plain

充電、データ転送にも

最大 充電速度が1.8AなのでPD充電のスピードから比べると遅いですが、外出中に普通に充電する分には全く問題ないですね。

 

この充電ケーブルセットを持ち運ぶようになって、その日持ち運ぶガジェットと充電ケーブルの対応を考える必要がなくなったので非常にストレスフリーになりました。

コネクタ形状で悩みを抱えている皆さん、これで一発解決できるかもしれませんね。

f:id:TERUO:20191128225502j:plain

バッグインバッグ沼再び スタイルチョイス03 インナーバッグ縦型 レビュー

皆さんこんにちはテルオです。

この前バッグインバッグを紹介しましたが、また新しいアイテムを発見してしまいました。

 

スタイルチョイス03 インナーバッグ縦型

メイン素材はとっても丈夫

外回りのメイン素材は最近何かと目にするコーデュラナイロンです。

このロゴよく目にするので少し調べてみました。

コーデュラ®とは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維で、インビスタ社の登録商標。 高機能の衣服、用具、ワークウェアに使われる「丈夫な素材」。現在ではさらに耐久性が必要とされる衣服や用具から日常着にいたるまで様々な製品に使用されている。

コーデュラ:CORDURA 意味・用語解説 - ファッションプレス

 ナイロンの7倍の強度ってすごい。とにかく丈夫ってことですね!

f:id:TERUO:20191118224558j:plain

シンプルな外観デザイン

f:id:TERUO:20191118224700j:plain

裏側もスッキリデザイン

f:id:TERUO:20191118224755j:plain

よく目にするコーデュラロゴ

 横のジッパーを開くと

バッグの形状は縦長で手提げがついています。

A4ファイルや13インチのノートPCも収納可。

ジッパーを開くとなんと180°開きにすることが出来ます。

中に何が入っているか一目瞭然。

f:id:TERUO:20191118224854j:plain

サイドにジッパー

f:id:TERUO:20191118225017j:plain

180°アジの開きになります

アジの開き状態で開くと物がどこにあるか一目瞭然ですね。しかも、開いても下に落ちない様なポケットの設計になっています。

 まさかのリバーシブル

そして特にすごいのが、これリバーシブルなんです。

そのまま、くるっとひっくり返すと裏と表が逆転。

 

f:id:TERUO:20191118225311j:plain

バッグインバッグに早変わり

これをバッグの中に入れて、バッグインバッグとしても使えます。

このタイプは縦長なのでリュックの中に入れるのに丁度いいです。

 

f:id:TERUO:20191118225423j:plain

僕愛用のincaseのリュックにぴったりサイズ

しかも、そのまま中だけを引き出して普通のバッグとして持ち出すことも可能。

 

超便利。これ考えた人天才(笑)

収納も充実

収納できるポケットの数も多く結構な数のガジェットをわかりやすく収納できます。

f:id:TERUO:20191118225624j:plain

網の部分はチャックがついているので、細々したものを収納

f:id:TERUO:20191118225738j:plain

まだまだ入りそう

皆さんいかがでしたでしょうか?

リュックの中に物を入れすぎて、どこに何があるか分からない!と言った悩みを一発で解決してくれます。ちょっとした外出にも、そのままバッグとしても使える機能的なバッグの紹介でした。

実はものすごく便利だった 一脚 Manfrotto COMPACT Xtreme レビュー

こんにちはテルオです。

 

運動会シーズンも終わりましたが、皆さん動画を撮影する時、どの様なカメラをお使いでしょうか?

ハンディーカム、一眼レフ、アクションカム、スマフォなど、最近は色んな物で動画を撮影する事ができます。

 

ちなみに僕は、ミラーレス一眼で動画を撮影する事が多いです。

f:id:TERUO:20191117174450j:image愛機のα7Ⅲ

カメラのメーカや機種で機能は様々ですが、動画はやはりブレずに綺麗に撮りたい物です。

 

手振れ補正の機能は光学式、デジタル式など様々ありますが、今日は簡単にかつお金も余りかからない方法をご紹介します。

 

結論から言いますと、「一脚を使用する」です。

 

三脚は聞いた事があるかもしれませんが、一脚を聴き慣れない方も多いはず。

 

名前の通り、一本しか足がない三脚です。

 

今回僕がポチったのはこの商品

Manfrotto 一脚兼マルチポール COMPACT Xtreme ボール雲台 Goproアダプター付属 MPCOMPACT-BK

 

イタリアのマンフロット社から発売されている一脚兼自撮り棒です。

イタリアのメーカーだけあってデザインもかっこいいですね。

f:id:TERUO:20191117174835j:image

この商品の一番のポイントは一脚になるし、自撮り棒にもなる

一本で二度美味しい仕様になっています。

f:id:TERUO:20191117174955j:image先端は自由雲台になっている

f:id:TERUO:20191117175043j:imageα7Ⅲを装着

一脚の足側の石突を外して自由雲台を装着。

f:id:TERUO:20191117175301j:image

f:id:TERUO:20191117175325j:image

そうすると、、、。

 

自撮り棒になります。

f:id:TERUO:20191117175431j:imageマンフロット社のスマフォホルダーを装着(別売)

f:id:TERUO:20191117175603j:image

f:id:TERUO:20191117175618j:image3段全部伸ばすと結構な長さに

f:id:TERUO:20191117175653j:imageもちろんGOPROや

f:id:TERUO:20191117175717j:imageRX100なんかも

 

旅行や運動会など撮影の時は、カメラもいくつか持っていかれる方も多いと思います。

これさえあれば、様々なシーンがこれ一つで補う事ができますね。

 

  1. 一眼レフやハンディカムでの動画、静止画撮影時に一脚として
  2. アクションカムなどを乗せて自撮り
  3. 短くして持つ事でグリップとして

 

などなど。他にも色んな用途で使用できます。

 

簡単な工夫次第で快適な撮影が出来るかもしれません。

子どもの運動会や発表会、三脚を使うスペースが無い、手が疲れてプルプルする!と言ったお悩みこれで解決かもしれません。

どうぞお試しあれ。

 

Oculus Quest 用 アイマスクを購入

 家庭用VRの決定版Oculus Quest

こんにちはテルオです。

 

ゲームに動画鑑賞、WEBブラウジングなど我が家では非常に活躍しています。

 

来年には手を検知してコントローラーの動きを担う、ハンドトラッキングや

光ファイバーケーブルを利用し、なんとOculus Rift Sのゲームが遊べてしまうOculusLinkなど話題盛りだくさんですね。

 

 

そんなOculus Quest ですが1つだけ欠点があるように思えます。

Oculus Questの欠点

なんと鼻が収まる部分に隙間があり、外界の光が入ってしまうのです。

これはOculusGoにも同様の問題が発生していました。

f:id:TERUO:20191107221010j:plain

大きく開いた鼻の部分。ここから盛大に光が入ります。

人種によって頬や鼻の大きさ高さが違うので、このような問題が発生してしまいます。

顔平たい族の私には隙間が大きくできてしまいました。

こうなってしまうと画面に集中できません。

(微妙に下の隙間から外の世界が見えるので、周りを確認したいときには使えますが、、、。)

 

解決策

解決策として接顔パーツのアクセサリが「鼻のサイズが小さめで高めの頬骨にフィットするようにデザインされた」として販売されていました。

 

しかし

 

Oculus Questにはそのアクセサリが公式から販売されていません。

VR世界への没入感は非常に重要なので早速サードパーティ製が無いかAmazonで探してみたところ、、、ありました。

 

f:id:TERUO:20191107220549j:plain

シリコン製のカバー。救世主となるか。

早速黒をポチリ。

 

3色カラーが選べるようですが、、黒、赤、青、、、、。

 

黒以外の選択肢はあるのでしょうか?

 

早速装着

f:id:TERUO:20191107220706j:plain

既存の接顔パーツの上から装着します。

装着感

鼻の所にヒラヒラがあり、光がかなりカットされいい感じです。

 

f:id:TERUO:20191107220805j:plain

鼻の所に光を遮断する構造が。PSVRと同じ様な構造。

純正のパーツはスポンジのような素材なので、汗をかなり吸ってしまいます。

ビートセイバーやボクシングゲームなどQuestでは体を大きく動かすゲームが多く

汗問題は避けては通れません。

シリコン製なので簡単に拭いたり洗ったりできるのはうれしい限りです。

f:id:TERUO:20191107221211j:plain

いかがでしたでしょうか?VRにとって没入感は一番優先させたい所。光の侵入に頭を悩ませていた方は是非お試しあれ。

 

レビュー ボディバッグ Aer Tech Sling

こんにちはテルオです。

 

ガジェット関係のバッグを求めて様々なバッグを試していましたが、ついに完成形のバッグに行きついてしまったかもしれません。

 

今日ご紹介するのはAer Tech Slingというバッグです。

 

これはアメリカのサンフランシスコに拠点を持つ「Aer」という会社から発売されたものです。テック好きとしては「サンフランシスコ」「シリコンバレー」と聞くだけで、ワクワクしますね。

 

外観は非常にシンプル

f:id:TERUO:20191029084700j:plain

シンプルで機能的な外観

特に大きなロゴや文字が入っているわけでもなく、非常にシンプルなデザインになっています。洗練された見た目ですが、体に当たる部分にはやわらかいクッション素材が使われており、機能性も考えられています。

 

多少の雨でも大丈夫

Tech Slingという名前だけあって普段使いするノートPCやタブレット等の精密機械を持ち運ぶことを想定しており、突然の雨などにも対応できるような作りになっています。

 

f:id:TERUO:20191029091446j:plain

メイン素材は、ナイロン素材の5倍の強度を持つと言われるバリスティックナイロンを使用

 細部にも細かい配慮がされており、ファスナー部分にも水が浸入しにくい作りになっています。

f:id:TERUO:20191029092307j:plain

ファスナー持ち手の部分も大きく作られており開閉しやすい


収納力は抜群

普段このようなガジェットに特化した小型のバッグは、PCやタブレット収納部分以外はあまり収納スペースが無く、たくさん入れたい場合はバックパックタイプを選択するしかありませんでした。ボディバッグでこの収納は見た目からは想像できないのではないでしょうか?

f:id:TERUO:20191029093041j:plain

メイン収納

メインの収納にはマチがあるので、水筒やペットボトルなど多少の大きさの物なら何でも入ります。

f:id:TERUO:20191029093848j:plain

テックポーチらしく小物入れも充実

後ろの部分に小物を入れる小分けされた収納もあり、アイテムごとに収納場所を分けておくことが出来ます。

f:id:TERUO:20191029093857j:plain

PCは13インチまで収納可能

PC収納部は大きく13インチのPCを収納することが可能です。もちろんクッション素材が使われているので衝撃に強くなっています。

f:id:TERUO:20191029093909j:image

これは普段僕が持ち歩いているものですが、買い物をしてちょっとした荷物を入れることが出来るぐらい余裕はあります。

 

皆さんいかがでしたでしょうか?なかなか普段使いでちょうどいい大きさのバッグが無かったのですが僕にとっては決定版となりそうです。

おしゃれ水筒 STANLEY GOシリーズ

こんにちはテルオです。

 

最近大分涼しくなってきてずっとアイスコーヒーだったのですが、

そろそろホットコーヒーが美味しく感じる季節になってきました。

 

最近ブラックコーヒーの美味しさに気づき、コーヒーに

こだわりを持ち始めまてしまいました。

 

こだわりのコーヒーを何処でも飲みたい!そんな夢を叶えてくれる

おしゃれ水筒を見つけてしまいました。

 

STANLEY GOシリーズ

f:id:TERUO:20191026155709j:plain

見た目も保温力も抜群

STANLEYの水筒はよく雑貨屋さんなどで見かけて、アウトドアなんかにぴったりでカッコいいなーと思っていました。

f:id:TERUO:20191026160032j:plain

100年を超える歴史のSTANLEY

STANLEYとは

アメリカの老舗メーカーで何と100年を超える歴史があるようです。

真空構造のステンレス水筒は第二次世界大戦の アメリカ軍で採用されるほど

タフで強靭な構造がウリです。

普段使いするにはゴツく重たそうな印象しか持っていなかったのですが、

色んなシリーズがあることを発見しました。

 

バリエーション豊かな品揃え

STANLEYといえばこれ クラッシックシリーズ

最先端技術のハイエンドモデル マスターシリーズ

登山やキャンプに特化した マウンテンシリーズ

新定番 GOシリーズ

 

それぞれ用途に特化した豊富なバリエーションがいいですね。

 

今回僕が選んだのはGOシリーズ

新定番として最近リリースされたモデルです。

気軽に使えるマルチユースモデルとなっており色んなシーンで使える様に

設計されています。

f:id:TERUO:20191026160512j:plain

折りたたみ式の取手

f:id:TERUO:20191026160724j:plain

蓋には取っ手がついており色んなシーンに合わせた使い方ができます。

f:id:TERUO:20191026160848j:plain

ぶら下げたり持ち運びに活躍

素材にもこだわりが

僕が買ったのはステンレス製でしたが、別にセラミバックというものもあります。ステンレスにクリア塗装を施し保温と頑丈さはそのままに、セラミックの滑らかな口当たりを実現しているらしいです。

金属が口に当たるのが嫌な人はこちらの商品もオススメです。 

f:id:TERUO:20191026180856j:plain

ステンレス製の飲み口 径が大きいので氷もそのまま入れる事ができます。

f:id:TERUO:20191028123426j:plain

中もステンレス。口に当たる部分は滑らかになっています。

スマートな外観と優れた保温機能。

これからの季節あったかい飲み物を持ち歩くのに、皆さんいかがでしょうか?